細胞自身ががんを治す|足の血管が浮き出る前の検査が重要|早めの治療で病気を予防

足の血管が浮き出る前の検査が重要|早めの治療で病気を予防

医師

細胞自身ががんを治す

ナース

天然の免疫機構を活用

近年、新しいタイプのがん治療法として注目されているのが、免疫細胞療法です。免疫細胞とは血液中に存在する白血球の一種で、身体の中の有害物質を見つけては攻撃し、排除する能力を有しています。有害物質の中には細菌やウイルスのように外部から入って来るものもあれば、がん細胞のように変異によって有害化するものもあります。人間の身体は免疫細胞を使ってそれらを無害化することで、自ら健康を保っているのです。免疫細胞療法は免疫細胞の持つこの異物排除能力を活かし、がん細胞の増殖を抑えることを目的としています。免疫細胞は役割ごとにいくつかの種類に分類されており、免疫細胞療法もそれに応じた数通りの方法があります。そのうちNK細胞という免疫細胞を利用して行うのがNK細胞療法です。

入院の必要もなし

NK細胞は血液の流れに乗って体内を巡回し、有害物質を見つけ次第すぐに攻撃を開始する免疫細胞です。他の免疫細胞が抗原抗体反応によって有害か否かを学習するプロセスを経ないと攻撃対象を認識できないのに対し、NK細胞は自然状態のままで攻撃目標を見定められる能力を備えています。ちなみにNKとはNatural Killer(生まれながらの殺し屋)の略です。NK細胞療法ではこのNK細胞を患者の身体から採取し、数倍から十数倍に培養してから体内に戻します。これによってがん細胞を攻撃するペースを早めることができるようになります。NK細胞療法の手順は非常にシンプルです。いったん採血を行ったら、後は培養後のNK細胞を点滴で注入するだけです。入院の必要もなく、身体への負担も非常に軽くて済みます。そのためNK細胞療法は体力的な問題等から他のがん治療法が困難な患者を中心に人気を集めています。