外科治療で難しいがん治療|足の血管が浮き出る前の検査が重要|早めの治療で病気を予防

足の血管が浮き出る前の検査が重要|早めの治療で病気を予防

医師

外科治療で難しいがん治療

女性たち

免疫系によるがん細胞駆除

がん治療においては治療成績の高い方法があるがんもありますが、種類によっては未だに治療が困難なものも多いのが現状です。治療が困難ながんとして血液系のがんのようにはっきりと固形がんになっていないものがあります。こういった場合には外科的手法では治療が困難になります。こういった形がはっきりとしないがんに対して樹状細胞療法を用いるというのは特に有用性がある方法です。物理的な方法によってがんを取り除くのではなく、免疫系を利用するものであって全身に効果が行き届くからです。免疫によって細菌やウイルスに対して人が抵抗しているということは周知の事実であり、免疫療法の一種である樹状細胞療法を用いると細菌やウイルスを駆除するのと同じようにしてがん細胞を駆除できるのです。

人工抗原の利用

樹状細胞療法が世の中に登場したときにはまだ未熟であったこともあって方法はそれほど多くありませんでした。しかし、その有用性が確認されてきたことによって次々に新しい技術開発が進んでいることは知っておくべきことです。固形がんのようにがん組織を手に入れることができる場合には比較的容易に樹状細胞療法を実施することが初期からできました。しかし、樹状細胞に標的となるがん細胞の抗原を与えることが必要になるため、特定の組織に局在していないがんでは樹状細胞療法も難しかったのが事実です。しかし、自分のがん組織がなくても、そのがんに典型的な抗原を手に入れることができれば実施できるとわかり、人工抗原による技術も確立され、あらゆるがんに応用できる可能性がある状況となっています。